TOPICS

2018年08月06日

【日本の夏・映画村の夏!】

連日の酷暑もなんのその。
小豆島「二十四の瞳映画村」は今年も元気です!
この夏のお楽しみ、シネマニアお薦めイベントがこちら👀✌

「落語と長唄の世界」
日時:9月1日(土)2日(日)
演目:
@志の春・佐喜のしましま落語・長唄会14:00〜15:35
                    場所:サン・オリーブホール
A落語×長唄ミュージカル        18:00〜19:30
      場所:二十四の瞳映画村
                      ギャラリー松竹座映画館
B七転八倒・下の部            20:00〜21:30
                    場所:二十四の瞳映画村
                      ギャラリー松竹座映画館

DSC_0384.JPG 
他にも映画村で楽しめる場所、企画展など、これでもかの見どころ満載!
8月11日のシネマニアには、お馴染み!二十四の瞳映画村から有本専務理事にお越しいただきます。
これから予定されている映画村の取り組み、いろいろ教えていただきますのでぜひお聞き逃しなく
DSC_0385.JPG

//////////////////////////////////////////////////////////
二十四の瞳映画村×シネマニア夏休みプレゼント!!
上記公演のチケットをペアでプレゼント!
@AB希望の公演を明記の上・・
■〒760−8584 高松市西宝町1-4-23
■FAX:087−837−7870
■e-mail: cinema@fmkagawa.co.jp
「勝手にシネマニア“落語と長唄の世界”」プレゼント係まで
■住所・氏名・連絡の付く電話番号・希望公演番号を明記
上記必要事項を記載の上お申し込みください。
■8月22日(水曜)必着!
posted by 勝手にシネマニア at 11:51 | Comment(0) | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

【第9回高松城映画上映会&トーク】

🎥 今年もやってきました、讃岐の夏、屋外上映会の夏!
第9回玉藻公園夏祭り「高松城映画上映会&トーク」

今回は、高松城築城430年記念特別企画ということで、
上映作品の「プリンセス トヨトミ」に合わせて
トークゲストに、歴史アイドル“歴ドル”美甘子さん来場!
「伝えたい歴史がある」・・、いにしえに思いを馳せ、
天守復元の未来へ夢を繋ぐ夏の夜をご一緒いたしましょう
高松城チケット.jpg
「高松城映画上映会&トーク」
日時:8月18日(土)18:30開場 19:00開演
トーク:19:00〜19:20「伝えたい歴史がある」
ゲスト:歴ドル 美甘子(みかこ)
ナビゲーター:帰来雅基/中井今日子
上映:19:30〜「プリンセス トヨトミ(119分)」
抽選会:21:30〜終演21:45(予定)    
場所:史跡高松城跡 玉藻公園「桜の馬場」
料金:前売り1000円(当日1200円)
    中学生以下無料(保護者同伴に限る)
販売:玉藻公園、高松市役所生協、デュークショップ高松、
    グランドファーザーズ高松、5・ペニイズ
問い合わせ:玉藻公園管理事務所
        TEL087−851−1521  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご希望の方は
〒・住所・氏名・電話番号(必ず連絡のつく番号)明記の上
「勝手にシネマニア高松城上映会チケットプレゼント」係 まで
締切は8月13日(月)正午
※ふるってご応募ください!!
posted by 勝手にシネマニア at 10:35 | Comment(0) | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

【ワンダーストラック】

🎬例によって前知識を入れずに鑑賞した作品。
モノクロシーン1920年代と懐かしい色味のカラーの時代(77年)が
交錯する上に、前半で主人公の少年が耳が聞こえなくなってしまう
設定の為の無音(文字通り劇中のサイレント映画の世界)の場面が
結構めまぐるしいスピードで進む。
ほとんど説明がないままに進むので、観る方は一生懸命推理して
ついて行こうと努力するか・しないかで面白いか面白くないかが真っ二つに分かれるかも。
私は間違いなく前者!
冒頭で何も語らない母親役ミシェル・ウイリアムズに多少苛立ちを感じたが,ずっと続く独特のくぐもった世界観が、“ダーク”とまでは言い切れない
湿ったファンタジー観を盛り上げてくれ、どんどんのめり込んでいきました。
初老の魅力的な聾唖者を演じたジュリアン・ムーアも好演。
観終わっていろいろ調べてみると・・
原作・脚本が「ヒュー後の不思議な世界」のブライアン・セルズニック、監督が、「エデンより彼方に」のトッド・ヘインズ。
ナルホド、私好みのハズだったワ!!
posted by 勝手にシネマニア at 15:23 | Comment(0) | 今日子のシネマ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする