TOPICS

2016年09月20日

【「I saw the light 」鑑賞券プレゼント!】

🎥人気英国人俳優トム・ヒドルストン主演の話題作「I saw the light」。
近くでは、イオンシネマ岡山(岡山)とイオンシネマ今治新都市
(愛媛)で公開!!
I_SAW_THE_LIGHT_pressrelease(160621)_01.jpg
【作品紹介】
「ルーツ・オブ・ロック」と呼ばれるアメリカの伝説のシンガー
“ハンク・ウィリアムス”の半生を描いた伝記映画。
主演は『マイティ・ソー』のロキ役で大ブレイクの
トム・ヒドルストン。
本作ではハンクの楽曲を吹き替えなしで歌い切り、
高い歌唱力を披露しています
29歳という短い人生で築いた功績とその裏で翻弄される
伝説のシンガー、ハンク・ウィリアムスの闇と光の真実の物語。
秋のシネマニアお薦め、第一弾です!
🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 
番組をお聞きの方に鑑賞チケットをプレゼント!
注意
イオンシネマ岡山は、10月1日〜7日までの1週間限定上映。
イオンシネマ今治新都市は、10月1日〜14日までの上映予定。
※香川県下での上映はありませんのでご了承ください。
ご希望の方は
住所・氏名・連絡のつく電話番号・番組へのご感想を明記の上
■ 〒760−8584
  香川県高松市西宝町1−4−23
■ Fax:087−837−7860
■ E-mail: cinema@fmkagawa.co.jp
■ 締切: 9月28日(木)24:00 
ふるってご応募ください

posted by 勝手にシネマニア at 00:00 | Comment(0) | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

【高松城映画上映会&トーク開催】

🎥 恒例の玉藻公園夏祭り、その第7回。
「高松城映画上映会 清須会議&玉藻会議」
8月20日(土)19:00〜
高松城跡本丸特設スクリーンで開催されました。
DSCF2574.JPG
会場入り口「高松城」堂々の懸垂幕が👀
2016kiroku7.jpg
この日の出演者一同、打ち合わせ・・の図。
真ん中、大西高松市長と高松城の復元を進める市民の会・古川理事長
左端が帰来さん、右端中井のナビゲーターコンビ。

🔛19:00 さあ、スタート!
2016kiroku1.jpg
まずは、大西市長や古川理事長にご登壇いただき、
「清須」ならぬ「玉藻会議」と題し、悲願の天守復元への思いを
語っていただきました。
2016kiroku5.jpg
ノリのよい観客の皆さんも、壇上の軽快でアットホームな雰囲気で
リラックスムード

🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 
 上映作品は「清須会議」2013年の三谷幸喜監督作品
DSCN1262.JPG

2016kiroku8.jpg
上映後にご登壇いただいたのは高松市議会議員の大浦すみ子氏。
自らも復元の会で尽力いただいている大浦氏からは
翌週28日の10万人署名へのご案内もいただきました。
2016kiroku6.jpg
 お楽しみ抽選会では、玉藻公園オリジナルグッズの5点セット✌
ゲストにプレゼンターとしてお手伝いいただき、進行もスムース✋
📷 イベント最後は、参加者の皆様と一緒に集合写真。
「いつかは叶えたい・・高松城【築城せよ!】」の掛け声で、
「パチリ📷
2016kiroku4.jpg
今年も大勢の方々にご参加いただき,
盛況のうちに幕を閉じることができました。
皆様有難うました!
28日(日)11:00A.M.丸亀町商店街三町ドームにて
「高松城復元へ・10万人署名キックオフイベント」開催
ぜひ、周辺の皆様にもお声がけの上ご協力宜しくお願いいたします
【写真提供:玉藻公園管理事務所O所長様】



posted by 勝手にシネマニア at 12:13 | Comment(0) | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

シン・ゴジラ

お盆に2回見てきました。1回目は何の予備知識も予断もなく、2回目は大量のネット批評や資料を読んで再確認に。結論から言って私のようなゴジラ第一世代ファンは「大絶賛」と言うことになりました。賛否両論はあるでしょうが、これこそ私が見たかった「日本人の日本人にしか作れないゴジラ映画」ではないかと思いますね。まず・・・@敵対怪獣が出ない Aウルトラ警備隊のようなスペシャル組織が出ない B常軌を逸した未来兵器が出ない C要するに普通の人間が普通の組織と武器で戦う映画・・・これが見たかった訳でした。そして3.11と原発災害を体験している日本人ならではの感性が織り込まれた「災害映画」でもあります。細かい突っ込みどころはいくつかあります。石原さとみの存在感とか、最終作戦が案外、行き当たりバッタリとか・・・。しかし、やっと日本人がここまでゴジラを描いたという点で私は支持したいですね。書き出したら延々と続きそうなので、とにかくスクリーンでご覧ください。・・・なお、私はエヴァンゲリオンは全くの守備範囲なので念のため・・・・・・。(帰来)
posted by 勝手にシネマニア at 10:16 | Comment(0) | ニュー・シネマ・パラダイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする