TOPICS

2010年04月13日

「のだめ」の魅力にズーム・イン!

はっきり言ってドタバタ
はっきり言ってオーバー・アクション
はっきり言って・・
あれ、悪態つくつもりが、挙げれば挙げるほど、どこか“だからこそ”の作品の魅力の列挙になってしまう??

愛すべき主人公たちとそれぞれにキュートな仲間の群像劇は、本格的クラシックを軸にほんものとお遊びバランスの配分宜しく、みんなが見て楽しめる快作になっていると思います。そんな中では竹中直人のオーバー・・・なんて、なんのその。コミックスを知らない私も思わず目に☆入ったり、額に立て筋入れたりしながら楽しめるんだよな。

上野樹里ちゃん、BIGになりましたね!



posted by 勝手にシネマニア at 17:39 | Comment(0) | 今週のテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第9地区」

異色・斬新・・ありそうでなかったというより、なさそうでやっぱりなかったシチュエーション。
話題の映画はやはり話題になるのもわかる新鮮味で、最後まで退屈することなく見進めることができたのでありました。
 ここではない何処か・・でなくはっきり打ち出した“南アフリカ”ヨハネスブルグ。これまたあまり知られていない地域というところがミソで、白人とナイジェリア人スラムとエイリアン居住地区の差別化(フィクション)が不思議な信憑性を醸しだしています。主演俳優から意図的なトーンまで、どっぷり“B級”の匂いを放ちながら、ケロッと大ヒットをかっさらう・・世の中全てはアイディア次第ということなのねー。(感心)
 ただ、「低予算」と言う割りには信じられないCGの多用。(宇宙人部分は全部そうだもの)これ、結構かかってますよね、本当は。

posted by 勝手にシネマニア at 17:25 | Comment(0) | 今日子のシネマ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。