TOPICS

2010年08月22日

キャタピラー

寺島しのぶ、渾身の演技でベルリン映画祭主演賞!でも賞を与えたヨーロッパの人々に、この作品の本当の意味がどこまでわかっていたのかと思います。演技はもちろん素晴らしいけど、彼女と監督の若松孝二が描きたかったのは、「国家と個人」「男と女」「公と私」などの2つの価値観の激突と、戦争という大きな暴力の結果としての人間性の破壊と残酷性だと思います。ただ、欧米人には天皇制とか、農村の家父長制度とかについては難しいのではないでしょうか。とにかく若い世代もこの映画を見ていろんな事を考えてほしいです。そして議論してほしい。それだけの価値がある1本です。(帰来)



posted by 勝手にシネマニア at 23:00 | ニュー・シネマ・パラダイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェフおやじ、登場。

とうとうアカデミー主演賞をゲットしたジェフ・ブリッジズの今週です。シブイ脇役としては絶妙の存在感を醸し出す61歳ですが、念願のアカデミー賞、私も「やっとですか」と言いました。実は初めて彼を見たのは1971年の「ラストショー」という映画。彼は父も兄も俳優という家系なんですが、アカデミーに絡み続けたのは彼だけです。今回の「クレイジー・ハート」は落ち目のカントリー歌手が再起を図る・・・というアメリカ人好みの内容。まずは歌声と落ちぶれ存在感を劇場でお確かめ下さい!(帰来)

posted by 勝手にシネマニア at 23:00 | 今週のテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

リスナーさんが本を出版しました!

001jpg 002jpg
高松在住の井内さんとおっしゃるシネマニアのリスナーさんが、ご覧になった映画への思いを綴った本(作品ごとの感想やデータが記載されている)を出版なさいました。

タイトル『いやされて ももたろう シネマパラダイス』
著者:井内京子さん
ISBN978−4−904174−04−3
定価700円(本体667円+税)

表紙から中のレイアウト、帯まで・・いろいろ創意工夫と地元愛(タイトルからも伺える・・)が詰まった愛すべき一冊です。
ご厚意により、番組リスナーさんへ10冊プレゼント提供してくださいました!

ご希望の方は
〒760−8584
FAX:087−837−7870
e−mail: cinema@fmkagawa.co.jp

ふるってご応募ください。

posted by 勝手にシネマニア at 11:39 | Comment(0) | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。