TOPICS

2010年09月12日

今週は「海猿」です。

いよいよシリーズ最新作にして最終作「海猿3」が公開になります。しかも「邦画大作史上初の3D」って売り文句です。いや〜、海上保安官、仙崎大輔の登場からもう6年もたったんですね。映画第一作では一人前になるまで。テレビシリーズを経て、2006年の映画二作目では危機一髪の大型フェリーを舞台に頑張りました。今回は天然ガスの海上プラントが舞台です。このシリーズ、キャラクターが物語と共に成長してきています。一作目でナンパした女の子と付き合い、結婚して子供が生まれて・・・・。加藤あいも伊藤英明も役とともに成長してますよね〜!さて3D!これは映画館で見なくては!(帰来)



posted by 勝手にシネマニア at 23:00 | お楽しみはこれもだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「悪人」

深津絵里、モントリオール映画祭主演女優賞おめでとう!このニュースを知っても知らなくても、この映画の中での存在感は際だっています。それはもちろん、妻夫木聡が今までにない「人生に絶望的でありすぎる若者」を全身で演じているからこそだと思うわけで、2人の演技は一見の価値があります。善と悪、虚栄と真実、男と女。そして親と子。私はやっぱり親の世代の心情に深く思い入れをしてしまうので、柄本明と宮崎美子には泣けました。だから「誰が悪人か」という質問には躊躇なく答えられます。皆さんも映画のラストの笑顔(誰の笑顔かは見てのお楽しみ)の意味をじっくりと考えてみてほしいですね。(帰来)

posted by 勝手にシネマニア at 23:00 | ニュー・シネマ・パラダイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週もゲストが登場。

今週もゲストをお迎えしてお送りします。9月25日に香川大学大学院ビジネススクールの方々が中心になって、シンポジウムが行われます。テーマは香川発映画ロケとか、地域マネジメントについて・・・。「ロケ地から聖地へ」と題したこの催し、ゲストはなんと、我らが本広克行監督!そして「UDON」で香川県民を喜ばせてくれた村上公一プロデューサー。そしてまたまた不肖、ワタクシ帰来も参加させていただきます。今週は企画した香川大学大学院の皆さんをお招きしていろいろとお話を聞く事になりました。映画で何を発信するのか、そのために何ができるか・・・・・。ぜひお楽しみに!(帰来)

posted by 勝手にシネマニア at 23:00 | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。