TOPICS

2010年09月03日

「東京島」

[E:slate]W・M・C宇多津のみで上映中の「東京島」を見てきました。
木村多江演じる清子が、無人島に流れ着いた訳あり男たちと繰り広げる、ちょっと荒唐無稽なシチュエーション・ドラマ。
時にコメディータッチのシーンも多く、人間的なエグさや汚さに少々オブラートをかけた感・あり。チカラや時に逆転もありうる、人間たちのドロドロした相関図と、南国ロケーションのあざやかな色や光のコントラストが楽しめます。
それにしても・・“薄幸な女”“耐え忍ぶ女”のイメージはどこへやら??
木村多江って、やっぱり不思議かつ貴重な女優さんです。



posted by 勝手にシネマニア at 11:33 | Comment(0) | 今日子のシネマ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月も公開ラッシュ!

Mrs.マニアも誕生月であることすら忘れてしまいそう・・
話題作公開ラッシュは続きます。

■「BECK」・・今が旬のイケメンたちが、これまた大人気のコミックス実写版で勢揃い。
オサムファン・タケルファン・ケンタファン・・音楽ファ

ンも楽しめます!
■「バイオハザードWアフターライフ」・・ミラ・ジョヴォビッチ=アリス、人気シリーズのこちらも第4弾。注目は東京(渋谷)&ナカシマミカ・・
■「コップアウト刑事(デカ)した奴ら」・・久々?のブルース・ウイリス、アクションコメディ。
凸凹コンビ・・といえばちょっと「ラッシュ・アワー」っぽいけれど、「ダイ・ハード」ほど無意味に暴れるのではなく、気のいいオジサンぶりも発揮。予定調和が心地よい“この手”の一本です。
■「悪人」・・Mrs.マニア的秋の期待作、期待度No.1!
吉田修一の原作も平積み状態で売れているようですが、妻夫木聡入魂の切なさが胸に付き刺さるようなこお問題作を楽しめるのも“秋”が似合うかも。
■「THE LAST MESSAGE 海ザル」・・こちらも人気作の続編。
シリーズ完結編にして、初3Dでの公開も話題です。
救助の最前線で働く男たちの生き様や迫力のセットに毎回圧倒されますが、今回も?!
■「ちょんまげプリン」・・暗そう(失礼;;)だけど、意外に実際の彼は気のいい関西人なんだって。そんな錦戸君とともさかりえの競演は、意外な組み合わせのようで結構いいで!
■「食べて 祈って 恋をして」・・全世界の女性からに圧倒的な支持を得ている(そうな)人気作の実写版。コメディータッチの女のきままな生き方・・という意味では、ジュリア・ロバーツはまさにうってつけ。
■「キャタピラー」(ソレイユ2)・・話題作にして問題作。映画を見て痛みと問題意識諸々・・尾を引く映画かもしれません。傷痍軍人とその妻、その時代の匂い・・寺島しのぶは思った通りの役で思ったとおりの熱演です。

他にも続々公開待機中。先述の作品もその他も、続きは放送でCHECK[E:scissors]

       

 

posted by 勝手にシネマニア at 11:21 | Comment(0) | 今週のテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。