TOPICS

2010年10月28日

「ヘンなオジサン」・・じゃなくて;;

[E:sign02]005jpgsp
Mr.マニアと「SP劇場版 野望篇」のチラシ・・
Mr.曰く「映画を一言で言えば、走って走って睨んで走る映画」だとか[E:sweat01];;
かといって、何も睨まなくても〜[E:catface]

《笑えるコ(ヒマ)ネタ》
スタジオで上の写真を撮っていた時・・
Myデジカメも“顔認識”しますが、なんと!
真ん中の帰来さんの顔じゃなくて、左右の
チラシの岡田君(二つ)を認識したのでした。
デジカメも面食い・・か[E:sign02]

さて今週はプレゼントレエがありますよ。左の欄でチェック!たくさんのご応募お願いいたします。

posted by 勝手にシネマニア at 16:26 | Comment(0) | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

「SP」いよいよ公開。

「SP」は毎週、見てましたよ〜。日本製テレビドラマには珍しいスタイリッシュな編集と、情緒をそぎ取ったクールな世界観が抜群の面白さでした。で、その時から噂になっていた「映画版」、いよいよ公開になります。試写会も見ましたが、とにかく冒頭から走る、走る!これだけのアクション映画はなかなかなかったですね〜。ただ、テレビを見ていない人はかなり予習が必要です。キャラ設定、物語のお約束等、画面で見ただけではわかりづらいでしょう。そのあたりを踏まえて、ぜひ「SP」の世界を楽しんで下さい。真木よう子は「龍馬伝」のお龍をホーフツとさせる快演!お見逃しなく。(帰来)

posted by 勝手にシネマニア at 12:20 | 今週のテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SPファミリー

TVの深夜枠→ゴールデン→劇場版へ
出世番組モデルケースのような「SP」(Special Police)。我等が本広総監督の下、世に送り出されたスタイリッシュでオリジナリティー溢れるポリスものは、今や彼の手を離れ、劇場版としての登場です。
・・例によって、TVドラマをあまり見ない(決してよくないッス;)私は、予備知識のないまま劇場版鑑賞ということが多いのですが、今作もまさにそれに近い状態。
それでも岡田クンの特殊能力(・・であろう)や、部署内でのユニークな面々とのやりとりやらは、TV版で毎回展開されたお決まりのお楽しみであろうこと・・など、推察しながら楽しませてもらいました。
岡田准一:ご存知V6カミセンのイケメン君。その彼ももう30歳(もうすぐ31歳!)。これまでもV6の仲間と(ex.「Hold up Down」)、あるいはピンでも「東京タワー」「花よりもなほ」「お・と・な・り」等々、俳優業でもいろいろ頑張っているんですねエ。整った顔だち、硬過ぎずちゃらけ過ぎずなイメージ、高過ぎない(どちらかといえば小柄)身長、よくよく考えたら、この要素どれもが岡田准一の今のポジションを形作っているんでしょうね。
真木よう子:今となれば、善通寺ロケの本広監督作品「サマー・タイムマシンブルース」で
夜中にエフエム香川でずーっと一緒したり、番組に出てもらったり・・したことが自慢;;
今や「SP」に大河にCMにバラエティーにもひっぱりだこの超人気ものなのよねエ。
「サマタイ」の時も、とってもクールで、瑛太君ムロ君他の男子たちから「グラマーだけどオトコマエ」な彼女はモテモテでしたもの。

堤真一さんは、今Mrs.マニアが一番お会いしたい俳優さんの一人。
うーーん、どこをとっても誰を見ても「SP」は豪華です。果たしてスクリーンサイズでの勝負やいかに!?

posted by 勝手にシネマニア at 11:15 | Comment(0) | 今週のテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする