TOPICS

2011年03月30日

「八日目の蝉」始動!

[E:slate]角田光代原作のベストセラーの映画化「八日目の蝉」。
昨年秋に小豆島ロケもされた、地元期待の話題作が、いよいよ4月29日公開となります。Photo_2
許されるはずのない誘拐事件。犯人と、彼女を4年間母と信じ育った娘、本当の親・・それぞれボタンを掛け違ってしまった責め苦に喘ぎながら、それでも愛を与え求めて生きていく姿には、ぐっとこみ上げるものがあります。
特筆すべきは、後半の舞台となる我等が小豆島のシーン。
陽光のまぶしさより温かさの中でようやく上を向く母子の後姿がなんとも印象的!
(寒霞渓頂上ロケだそうです。)
すでにロケ地マップも製作済み。
4月29日公開後は、いち早く映画を見て、ロケ地マップ片手に小豆島を訪れてみるのもいいかも[E:scissors]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公開に先駆けて、この作品の成島出監督(「クライマーズ・ハイ」「フライ・ダディ・フライ」)が、8日エフエム香川にも来局決定!
もし、このTOPをご覧になって「聞いてみたい!」ことがあるという方、ぜひシネマニア宛に送ってくださいね。

posted by 勝手にシネマニア at 16:50 | Comment(0) | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

さくらのシーンが印象的な映画

一挙に羅列します・・・(順不同)
■「サトラレ」ラスト、母をおぶって歩く土手
■「さくらん」桜と菜の花乱れる中の花魁道中
■「重力ピエロ」・・“ハルが空から降ってきた”
■「ハチミツとクローバー」タケモトがはぐみにヒトメボレの瞬間の舞い散る桜
■「八つ墓村」“たたりじゃア〜〜〜”幻想的でもある夜桜シーン、かなり怖い;;
■「花のあと」凛とした美しさ、北川景子。桜に負けてません!
■「ラストサムライ」謙さん扮する勝元が死の直前に目にする桜・・
  “完璧だ・・”
■「四月物語」松たか子扮するヒロインが奔走するバックにはハラハラ・・・桜。
岩井俊二監督のリリシズム、全開。

桜のシーンの配分や美しさに、無条件に作品の評価まで上げてしまいそう・・
日本人ってやっぱり好きですよね“サクラ”。

posted by 勝手にシネマニア at 15:15 | Comment(0) | 今週のテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

シネマニアお薦めレギュラーイベント!

Vol13b [E:movie]お馴染み、うたんぐらから
ショートフィルム上映会の最新情報!

3月26日(土)18:00〜

この6月からW・M・C高松他で公開となる
地元ロケ作品「花子の日記」関係者による
映画の紹介特別プログラムとなります。

プロモーション、地元配給関係者等
製作裏話から、今後の宣伝展開について・・

ぜひご来場の上、貴方も応援してね[E:scissors]

詳しくは http://www.vtangra.com





posted by 勝手にシネマニア at 09:03 | Comment(0) | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする