TOPICS

2011年04月11日

4月12日は50周年!

4月12日は50周年なんです!といってももう知ってる人は少なくなったでしょうねー。1961年のこの日、人類は初めて宇宙飛行に成功しました。ソビエトの飛行士、ユーリ・ガガーリンが人類最初の宇宙飛行士です。この時の名セリフが「地球は青かった」。当時、小学生だった私は、学校から映画教室でこの記録映画を見に行って大変に感動したものです。アメリカの有人飛行はそれに遅れること1ヶ月。5月にカーペンターが宇宙を飛びました。このあたりは「ライト・スタッフ」をぜひご覧下さい。実は未だに宇宙中年なんで、この話を始めると・・・・。さて、人類は月世界から向こうに行けるのか!?(帰来)



posted by 勝手にシネマニア at 12:41 | お楽しみはこれもだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コナン君、15周年。

「名探偵コナン」、映画版が15周年を迎えました。今や国民的人気ですね。論理的謎解き部分と、キャラクターのかわいさと凛々しさとが相まって、大人から子どもまでの幅広い支持となりました。かくいう私もファンの一人。映画版はここんとこかなりスケールが大きくなってスクリーンサイズの物語になりつつあります。でも私のベストは「ベーカー街の亡霊」です。おやじとしては毛利小五郎と妃絵里の世代なんで、最近この2人の活躍がないのが寂しい限り。今回の舞台は雪山。初めてではないですかね。とりあえず、「真実はいつもひとつ!」(帰来)

posted by 勝手にシネマニア at 12:33 | 今週のテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

小豆島ロケ。

今から57年前の映画史に残る名作「二十四の瞳」が小豆島を全国区にし、香川を観光立県にさせたわけです。で、小豆島の人たちがその遺産を大切に保存し、今も新しい光を当て続けているというその事が、島で映画ロケが続くきっかけになっています。暖かい日差しと美しい島影。やさしい人々の心根と、心を癒やされる風物。今回の「八日目の蝉」でも遺憾なくその魅力がスクリーンに溢れている。昭和62年にリメイクされた時のセットが、今の「映画村」です。テレビドラマ版もここでロケ。「僕とママの黄色い自転車」もありましたねぇ。とにかく「八日目の蝉」を見て、また島にわたりたくなりました。(帰来)

posted by 勝手にシネマニア at 17:45 | お楽しみはこれもだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。