TOPICS

2011年09月25日

リメイク。

今月はリメイクが2本。「猿の惑星」はもう40数年前から続く有名シリーズですが、2002年のティム・バートン版から9年。さてどんなにテイストになってるか。そしてもう1本は「一命」。これ、1962年に小林正樹監督で作られた名作「切腹」のリメイクです。とりあえず、当時と今回の配役を対比してご紹介。「市川海老蔵−仲代達矢」「役所広司−三国連太郎」「瑛太−石浜朗」。うーん、重厚です。私は名画座で観ましたが、息苦しくなるほどの迫力でした。こういうかつての名作がリメイクされる時にオリジナルを見るかどうかはその人の感性。でも・・・。「切腹」と「猿の惑星 第一作」は見てほしいです!(帰来)

posted by 勝手にシネマニア at 23:55 | お楽しみはこれもだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アジョシ

いやー、ウォンビン、カッコよすぎる!たいていは普段の姿がまったくサエないのにイザという時にキメる・・というのが映画の定番なのに、ウォンビン、普段もクールでカッコいい訳で。黒とグレーを基調とした画面構成と、いささかエゲツないアクションシーンと、それにも増してセットに金かけてるらしい韓国映画界の迫力にも納得しました。日本映画でもできそうな物語なんで、ぜひ日本でリメイクしてほしいです。キャストは最初に韓国が企画したとおり60代のオヤジでぜひ!(帰来)

posted by 勝手にシネマニア at 23:55 | ニュー・シネマ・パラダイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ10月。

会社年度としては「下期」に入りました。秋が深くなり、何をするにも絶好の機会。映画も続々。さらには宇多津映画祭、さぬき映画祭への準備も怠りなく・・・。まず今月のお楽しみはいち早く公開される「はやぶさ」ですかね。竹内結子の研究オタクにハマります。「ワイルドスピード」はますますパワー増大。でも安全運転をお忘れなく!私の世代には「猿の惑星」はハズせないし、50年前の時代劇名作「切腹」のリメイク、「一命」も楽しみです。下旬にはSF西部劇という新ジャンルの「カウボーイvsエイリアン」。そして三谷幸喜の新作「ステキな金縛り」まで。あ〜、やっぱり下期も忙しいですね!(帰来)

posted by 勝手にシネマニア at 23:55 | 今週のテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする