TOPICS

2011年10月30日

タイムマシン実現か?!

先日のニュースで、「光速を越える素粒子」が発見されたかも!?というのがありまして、「理論的にはタイムマシンが作れる」みたいなノリの記事を読みました。でもまぁ、過去にも未来にも行けるタイムマシンは想像の世界だけですね。というところで映画のおススメは「タイムマシン」です。といっても2004年のリメイクではなく、1960年公開のオリジナルの方です。SFXは手づくり感120%ですが、そのアナログさがかえって、19世紀末のロンドンの雰囲気と相まって、実にいい雰囲気。ぜひDVDでご覧下さい。あと、私の好きなタイムマシンは、映画なら「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアン。コミックなら「キテレツ大百科」の木造時間旅行機械ですかね!(帰来)

posted by 勝手にシネマニア at 23:55 | お楽しみはこれもだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウボーイ・アンド・エイリアン

この種の映画は深く考えないで楽しんで下さい。「なんで?」とか「そんなバカな」ではなく、「ありえね〜!」とか「おいおい!」と突っ込みつつ見てほしいです。でも名実ともの大スターがこういう役どころを真剣に演じるというところが懐の深さかも。日本でいうと、渡辺謙と役所広司が「スーパー戦隊もの」にヒーローとして出演するみたいな・・・。でもこういう奇想天外なものだからこそ、真剣に演じて、金をかけて作るというのがいい訳でして。SFXのクオリティや西部劇のリアリティをまずは楽しんで下さい。でもホンネをいうと、この2人で本格的西部劇が見たかった私です。「ヴェラクルス」みたいな!(帰来)

posted by 勝手にシネマニア at 23:55 | ニュー・シネマ・パラダイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さぬき映画祭

先週の宇多津映画祭のご紹介に続いて、今週はさぬき映画祭をお送りします。毎年、いろいろな作品が上映される中で、「香川を舞台にした企画」の映像化については、我がシネマニアも応援してきました。少しでも多くの方に知っていただきたいという思いでゲストをお招きして、作品の紹介もやってます!今回は岡山からのお客様です。さぬき映画祭は11月の開催ですが、一般作品だけでなく、意欲的な映像作品にもぜひ触れてほしいと思います。とにかく本編をお楽しみに!(帰来)

posted by 勝手にシネマニア at 23:55 | 今週のテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする