TOPICS

2012年07月15日

伊藤英明といえば・・・

ジュノン・スーパーボーイコンテストの準グランプリです。(ちなみにこの時の優勝者は柏原崇)。アクションからラブストーリー、時代劇まで幅広い役柄を演じられる柔軟性と、爽やかさが持ち味ですね。「海猿」では実際に潜水資格もとって一世一代の当たり役となりました。初めて見たのは「踊る大捜査線」の1997年末のドラマで深津絵里の恋人役。テレビでは「白い巨塔」「弁護士のくず」がよかったし、映画「陰陽師」もまずまず。「スキヤキウエスタンジャンゴ」でかなり特異なヒーローもうまくやってました。今年は「悪の教典」でダークヒーローに挑戦。、楽しみですね!ところで・・・・彼、3年前のAKB48のヒット曲「涙サプライズ!」のMVにゲスト出演してて、前田敦子の担任の先生をやってます。これもいいよ!(帰来)



posted by 勝手にシネマニア at 23:55 | お楽しみはこれもだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BRAVE HEARTS 海猿

シリーズも4作目となり、かなりスケールが大きくなりました。今回は747ジャンボの海上着水というスゴイものです。当初の「潜水士青春物語」から、「海洋パニックスペクタクル」に変貌したシリーズですが、今回は「航空パニック」も絡んで、僕としては大いにお気に入りの1本となりました。前回まであった「早く逃げなければいけないのに、延々と愛の言葉を叫ぶ」という展開も今回はなく、最小限の人物描写と、迫力のアクションシーンでハリウッドにひけをとらない1本となりました!「ワイルド7」ではいささか空回りしていた羽住英一郎監督も、実物の航空機、艦艇をガンガン動かして、実に快調!夏休みにおススメの1本です!(帰来)

posted by 勝手にシネマニア at 23:55 | ニュー・シネマ・パラダイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘンシーン!

「おおかみこどもの雨と雪」にちなんで「変身人間」です。古今東西、強いものに憧れる少年たちは変身ヒーローをこよなく愛してきました。ウルトラマンは科特隊ハヤタが変身、仮面ライダーは本郷猛(1号です)、あと戦隊ヒーローものはぜーんぶ変身して戦うのであります。そして欧米では、アメコミヒーローが華麗に変身。アイアンマンとかスパイダーマンは変身というより仮装か!?バットマンもそんな感じです。で本格的な変身というとホラー映画です!狼男は「ハウリング」「狼男の恐怖」「ウルフガイ」と数多い。満月の夜に変身します。今回の「おおかみこども」は切り口がかなり斬新。細田守監督に大いに期待です。(帰来)

posted by 勝手にシネマニア at 23:55 | 今週のテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。