TOPICS

2016年02月22日

【さぬき映画祭2016Reportその4】

2016年2月・・
🎥 今年も多くの感動と出会いの11日間が幕を閉じました。
「さぬき映画祭2016」
2月20日(土)21日(日)の様子を少々・・
e-とぴあのしつらえ.jpg
20日(土)e-とぴあ香川会場では・・👀
DSC_0250.jpgチャンバラ美学.jpg
さぬきが映画祭スタート当初から、人材育成のためのシナリオ講座、
映画制作実践講座(改め:映画制作実践ワークショップ)で
長きに渡ってご指導いただいている中島貞夫監督最新作
「ちゃんばら美学考」鑑賞。
アフタートークには中島貞夫監督、進行役の飯田監督、劇中劇にご出演の俳優木村彰吾さん等が登壇してくださいました。
日本の映画史を語る上で欠くことのできない“時代劇”というカテゴリーと大きな要素“ちゃんばら”(殺陣)のあれこれ・・こういうお話が聞けるのも映画祭の醍醐味です。
中島先生、ゲストの皆さん有難うございました。(写真:K・O)
digicon6登壇者.jpg
続いて行われたプログラムは「DigiCon6特集」。
アジア最大規模のショートフィルム映像祭DigiCon6ASIAの特別プログラムの枠で、17歳の天才アニメータ−、水越清貴さんとさぬきの若きクリエーター、木村一成君も登壇🎥
進行役は、フェスティバルディレクターの山田亜樹さんと審査員の竹内海南江さんでした。
飯田&うどん脳両監督.jpg
終了後に「ちゃんばら美学考」のナビゲーターを務めてくださった飯田監督&監督(うどん)脳君と一緒にパチリ💴
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
21日(日)最終日!(at アルファあなぶき小ホール)
午前中は、優秀企画上映作品「カンカンSUN」と「帰ってきまい」がお披露目上映され、関係者が登壇して賑やかなステージとなりました。
午後の目玉は今回からの新・プログラム「さぬきストーリープロジェクト」!
さぬきストーリープロジェクト.jpg
この日は38タイトルが上映され、観客の投票でグランプリが決定。
ユニークな作品揃いで楽しかった!!
盛り上げてくださったMCは、松本明子さんでした
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三種の神器.jpg
期間中ずっと持ち歩いていた、My「さぬき映画祭“三種の神器”」・・

記念すべき10回目は、これまでの経験値と人的ネットワークetc.
あらためて「継続は力なり」を実感することに。
本広監督の悲願でもあった観客動員一万人超えも達成し、
何より会場に詰め掛けてくださった皆さん、お一人お一人の笑顔が
楽しんでいただけたことを実証してくださったようで感激もひとしおです。
閉会式を終えて.jpg
関係者の皆さん、ゲストの皆様、参加いただいた皆様、
有難うございました



posted by 勝手にシネマニア at 17:07 | Comment(0) | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。