TOPICS

2016年05月17日

「不屈の男アンブロークン」

ソレイユ2で鑑賞・感動。
何より、これが日本とも深い関わりのある事実であるということに驚きを覚えた。
第二次大戦中、空軍パイロットとして数十日にも及ぶ想像を絶する漂流生活を体験、引き揚げられた途端に、今度は日本軍の捕虜としての過酷な収容所生活・・、こんなことがあったとは!?
どんな逆境に置かれても尊敬する兄や家族の言葉を信じ、信念を貫き通す主人公の気骨を演じきったジャック・オコネルという俳優に目が釘付けになった。
映画化に当たって、最初からシナリオに心打たれたというアンジェリーナ・ジョリー、焦点を当てるべきポイントやキャスティングのひとつひとつまで入念に考えたという彼女の仕事に対するスタンスや社会性にも脱帽という他ありません。
よき理解者で協力者でもある伴侶やスタッフに恵まれるのにはワケがある・・
今後は女優としての活動はもちろんのこと、それ以上に監督やプロデュースの手腕にも大いに期待したいMrs.マニアなのでした。
posted by 勝手にシネマニア at 11:04 | Comment(0) | 今日子のシネマ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【シネコム観映会Vol.14「シュート!」終了】

☀ 5月15日(日)好天に恵まれたこの日・・
レクザムホール(県民ホール)小ホールでは、「シュート!」の
特別上映会と、大森一樹監督のトークショーが開催されました🎥
DSCF2311.JPG
午前と午後の2パフォーマンス、どちらの回も大勢のファンが詰め掛けて・・
神奈川、愛知、福岡、北九州、岡山エトセトラ・・
全国からSMAPファンが集結してくれて
いやいや、この盛り上がりには、主催者も大森監督も(私も)ビックリ

🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 
上映後のトークショーでは、監督もノリノリの“ここだけトーク”炸裂
会場のアットホームな雰囲気も一体感もハンパない楽しい雰囲気に包まれました。
恐るべし、SMAP人気
DSCF2310.JPG
終了後、ロビーでファンに囲まれる監督。
「いやあ、こんなん久しぶり」
DSCF2313.JPG
お一人にサインすると、その後はずーっと行列が👀;;
DSCF2315.JPG
お疲れさまでした
・・打ち上げの🍺🍴が美味しかったのは言うまでもありません✌
企画してくださった、シネコム映画観隊:石田さん、大森監督、ご来場の皆様、有難うございました
posted by 勝手にシネマニア at 09:12 | Comment(0) | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

[ 「探偵なふたり」

「探偵なふたり」
とりたてて韓流フリークではない。
かつて社会現象となった「冬ソナ」すら見たことがないまま終わった人間である。
・・・が、こと劇場版映画となると話が違う。
「シュリ」(1999)から日本でも注目の集まるところとなった韓国のアクションもの戦争もののスケールやリアリティーに圧倒され、少なくとも高松のソレイユで上映されたものは全て観ている。
韓流スター大好き(昔)女子がうじゃうじゃ増殖し映画館の空気も変わったなあなんて思っていたら、近年はちょっと落ち着いてきた・・というところだろうか。
そんな比較的クールな私の心をグワシ!とわしづかみにしたのが、「探偵なふたり」にも出ているクオン・サンウ。「天国の階段」にハマっていた友人から教えられた俳優さんだが、恵まれた体格とさっぱりした口元がたまらない;
そんな彼が出ているというだけで観た本作、コメディータッチのバディーものではあるが、彼はもちろんのこと初老の相方、ソン・ドンイルなる俳優さんも私好みで、内容に関係なく満足したのでありました。
タイトルロールの遊び心も◎!

posted by 勝手にシネマニア at 10:03 | Comment(0) | 今日子のシネマ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする