TOPICS

2011年04月17日

ジャック・ブラックの凄さ。

「ガリバー」はジャック・ブラックの面白さ全開ですねー。彼ならではのバカバカしい役です。実は私は彼のファンです。最初に見た「愛しのローズマリー」がファレリー兄弟監督のバカバカシイ映画なのに、ラストで泣けるという実に不思議な映画でした。これで彼にハマり、「スクール・オブ・ロック」でますますハマりました次第です。「キングコング」はちょっと別に彼でなくても・・・とは思いましたが。彼の持ち味はハチャメチャさと、その裏に見え隠れするあたたかさと優しさという感じでしょうか。とにかく「ガリバー」をまずはご覧下さい。(帰来)



posted by 勝手にシネマニア at 23:55 | お楽しみはこれもだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。