TOPICS

2016年05月06日

[ 「探偵なふたり」

「探偵なふたり」
とりたてて韓流フリークではない。
かつて社会現象となった「冬ソナ」すら見たことがないまま終わった人間である。
・・・が、こと劇場版映画となると話が違う。
「シュリ」(1999)から日本でも注目の集まるところとなった韓国のアクションもの戦争もののスケールやリアリティーに圧倒され、少なくとも高松のソレイユで上映されたものは全て観ている。
韓流スター大好き(昔)女子がうじゃうじゃ増殖し映画館の空気も変わったなあなんて思っていたら、近年はちょっと落ち着いてきた・・というところだろうか。
そんな比較的クールな私の心をグワシ!とわしづかみにしたのが、「探偵なふたり」にも出ているクオン・サンウ。「天国の階段」にハマっていた友人から教えられた俳優さんだが、恵まれた体格とさっぱりした口元がたまらない;
そんな彼が出ているというだけで観た本作、コメディータッチのバディーものではあるが、彼はもちろんのこと初老の相方、ソン・ドンイルなる俳優さんも私好みで、内容に関係なく満足したのでありました。
タイトルロールの遊び心も◎!



posted by 勝手にシネマニア at 10:03 | Comment(0) | 今日子のシネマ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。