TOPICS

2017年06月21日

【カフェ・ソサエティ】

🎬 ウディ・アレンはお好き?
個人的に“好きなクチ”の私は、可能な限り見ることにしている。
・・で、今回の「カフェ・ソサエティ」(都市部に遅れること2ヶ月弱)は、ハリウッドスターに映画人にギャングに・・1930年代のめくるめくグラマラスでスキャンダラスな世界を駆け抜ける青年の純愛?もの。
「気に入りました!」
正直、“ウディ・アレン好き”を公言して久しい私も、かなり作品によって好き嫌いがある。
一貫して小洒落た大人の恋愛事情や時に政治批判を風刺を効かせた台詞やプロットの応酬で組み立てる作風は、アメリカ事情通でも歴史通でもない私にとって100%理解できるものでもないが、それでも必ず見える“普遍的”な部分(例えば愛情、例えば憎しみ)や、洗練された音楽の使い方等と相まって、やはり愛さずにはいられない。
そうそう、今作「カフェ・ソサエティー」でした!
キャストが完璧とは(あくまで個人的に)言いませんが、テンポよく進む物語の中で一貫して胸をキュンキュンさせるような各人各人のピュアな恋心とそれを盛り上げるシチュエーション。
見終わった後に残る胸の片隅の感情に、ちょっぴりセンチメンタルな余韻を楽しめた私です。
もちろん、いつものことながら音楽も最高
お薦めです
posted by 勝手にシネマニア at 11:02 | Comment(0) | 今日子のシネマ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: