TOPICS

2018年01月16日

2018年も続々やってきます。

今年も洋画、邦画ともに続々と公開されますね〜。日本映画の場合、だいたい公開の1年前には撮影はほとんど終了している場合が多いです。製作発表の時はほぼ完成しているという・・・。とりあえず今年の話題作をいくつかご紹介しておきます。あくまでも私の個人的嗜好に寄りますが・・。
邦画では、役所広司と松坂桃李のクライムサスペンス「孤狼の血」が楽しみです。岡田准一は木村大作監督の時代劇「散り椿」があるし、山田洋次監督は「家族はつらいよ」の3作目が完成しています。定年後の初老サラリーマンの悲哀を館ひろしが演じるのは「終わった人」、あとお気に入りガッキーは、おなじみ「コードブルー」がついに映画化されます。
洋画に目を向けると、やっぱりシリーズ物が多いね〜。「Xメン」「デッドプール」「アベンジャーズ」「ファンタスティックビースト」に加えて「ジュラシックワールド」「M:I」も今年はやってきます。
御大イーストウッドは「15時17分パリ行き」が3月公開。ゲイリー・オールドマンは「ウィンストン・チャーチル」でオスカー期待です。あ、「ハン・ソロ物語」もありました。
とにかくまずは自分の鑑賞眼を信じて映画館へ走れ〜!
posted by 勝手にシネマニア at 13:23 | Comment(0) | 今週のテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

高齢化社会は映画界も・・・。

「家族はつらいよ」の山田洋次監督は86才。クリント・イーストウッドは5月末に87才を迎えます。2人とも若い時から名匠と呼ばれてますが、80才を過ぎてから名作を発表しているんだから、そのエネルギーはどこからくるんでしょうか!
ポルトガルのオリベイラ監督は、何と106才で監督作を発表してるし、新藤兼人は99才の遺作「一枚のハガキ」がキネ旬のベストワンを獲ってます。創作意欲が衰えないのは「撮りたい!表現したい」という欲求が肉体的衰退を陵駕するんでしょうね。
まだまだ若い世代には負けられないという気概さえ感じます!まずは「家族はつらいよ」で円熟の山田演出を
味わいましょう。
posted by 勝手にシネマニア at 13:31 | Comment(0) | 今週のテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

2017年あけましておめでとうございます。

穏やかな年明けになりましたが、皆さんはどんなお正月でしたか?今年もシネマニアのご支援をよろしくお願いいたします。映画は次々と公開されていきます。今年も皆さんにとっての「この1本」をぜひ探してみてください。そのためのお手伝いとして最新情報や公開直前の話題をどんどんお知らせしていきます。そして、毎年恒例のイベントもやりますよ〜!映画館に足を運んで映画と出会い、番組でまたその楽しさを共有できたらと思っています。今年もよろしく!
posted by 勝手にシネマニア at 15:52 | Comment(0) | 今週のテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする