TOPICS

2017年05月24日

ロジャー・ムーアが最高のボンド

先週、ムーアが90才近くでも健在と言ったばかりなのに、訃報が届きました・・・。
私にとっては高校生時代から始まったロジャー=ボンドが一番面白かったということになります。バカバカしくて荒唐無稽で笑えて、「大人のマンガ」として楽しめたボンド映画7本のうち、「私を愛したスパイ」のオープニング、「ユア・アイズ・オンリー」のシーナ・イーストンの主題歌、「ムーンレイカー」007ナンバーワンのバカバカしさを強くお薦めします(笑)
あと、ボンド以外で、ユーモア溢れる傭兵部隊のプロを演じた戦争アクション映画の傑作「ワイルド・ギース」もぜひご覧ください。今週はまた、007を見て彼を偲びましょう・・・。
posted by 勝手にシネマニア at 14:40 | Comment(0) | お楽しみはこれもだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

【最近のお気に入り】

🎬その1:「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
イオンシネマ高松東
前作から3年。地球で生まれ宇宙で育ったキャプテンクイルの生い立ちや、難アリ集団の友情、ドタバタのの中に、しっかり描かれる“絆”のカタチ。
テンポの良さに座布団1枚、ベビー・グルートのキュートさに1枚、
母性本能くすぐる系クリス・プラットに1枚、ツボな音楽に思わず3枚!
思わず6枚になってしまった嬉しい誤算、期待を遥かに超えるチャーミングな作品でした。
🎬その2:「はじまりへの旅」ソレイユにて
カンヌ国際映画祭“ある視点部門”監督賞受賞・・ナルホド!
自らの信念で、現代社会と一線を隔し大自然の中で究極のサバイバル生活を送る風変りなファミリーの物語。
父親役のヴィゴ・モーテンセンがいい!彼ってこういう役もやれるんですね。
家族それぞれが微妙に揺れる中で、ブレ(られ)ない父親の不器用さと、強くもあり脆くもある子供たちのまなざしが、見る者を掴んで離しません。
切なさと清々しさの入り混じるラストに不覚にも目頭が熱くなりました;;
両方とも好き
posted by 勝手にシネマニア at 19:02 | Comment(0) | 今日子のシネマ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

スプリット

M・ナイト・シャマラン。久々の新作が大ヒットでご同慶の至りです。29才で映画史に残るホラーの傑作「シックス・センス」を撮ってから「サイン」「ヴィレッジ」「レディ・インザ・ウォーター」とイマイチ作を連打・・・。しかし、今回は「腑に落ちる」内容です。映画をたくさん見る人ほどネタバレは早いですが、緩急のリズムとか、編集はさすがにお手の物で恐怖感が増幅されて見応えがあります。ラストにも一ひねりあり、まずは料金の価値ありの1本。肩の力を抜いてお楽しみ下さい。
posted by 勝手にシネマニア at 10:08 | Comment(0) | ニュー・シネマ・パラダイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする