TOPICS

2018年04月05日

【午前十時の映画祭9始まる!】

映画第一人者選りすぐりの往年の傑作映画を
全国の映画館で1年間に渡って連続上映する「午前十時の映画祭」。
着実に人気を定着させつつ回を重ねて「Version9」。
今年度も4月13日(金曜日)から開幕します
DSC_0187.JPG
古くは1953年の「シェーン」から1997年の「タイタニック」まで、
んまア〜ッ、見事に揃った珠玉の27作品🎥
今年度も朝からしっかり感動に浸ってくださいね
>(注)今年度から金曜日スタートとなっています。
お間違えないよう!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イオンシネマ宇多津からの2018Springプレゼント
7日のゲストは、イオンシネマ宇多津の豊島総支配人
年度始めのお心遣い映画招待券をプレゼントしていただきました。
DSC_0188.JPG
ご希望の方は・・
❤ 〒760-8584
高松市西宝町1-4-23エフエム香川
「勝手にシネマニア映画鑑賞券プレゼント係」
❤📩cinema@fmkagawa.co.jp
❤Fax:087-837-7870
住所・氏名・連絡の付く電話番号明記
のこと。番組へのメッセージもお忘れなく
❤締切は4月23日(月)
ふるってご応募ください🎬
posted by 勝手にシネマニア at 10:04 | Comment(0) | TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

いよいよアカデミーショー!

アカデミー賞は間違いなく映画界最高のイベントですが、考えてみるとアメリカアカデミー協会の会員だけが投票するので「内輪の賞」とも言える?ちなみに日本アカデミー賞も日本アカデミー協会会員が投票します。なので、どうしても会員が携わった大手映画会社の配給作品に偏りがちで、独立プロが自主配給してる作品にまで目が届きません。日本もアメリカもそういった傾向はありますが「お祭り・エンタテインメント」としてファンとして楽しめればそれはそれでいいのかと思います。ただ、ショーとしての完成度は日本はアメリカの足元にも及ばないのが残念・・・。一大ステージショーとして趣向をこらすハリウッドと比べても、受賞者のインタビューだけを淡々と聞かせるだけの日本のスタイルはもう限界なのでは?といいつつ、今年も楽しみにはしていますが!(帰来)
posted by 勝手にシネマニア at 09:54 | Comment(0) | 今週のテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グレイテスト・ショー

「グレイテスト・ショーマン」は世界最大のサーカスを作った1人の興行師を描いたミュージカルですが、「サーカス」を実際に見た人、最近は少ないんではないでしょうか?昭和時代は日本全国至るところでサーカス団が公演してたものです。キグレ、木下、矢野・・・。サーカスを舞台にした映画も色々あります。「地上最大のショウ」は、今回の主人公、バーナムが始めたバーナム・ベイリーサーカスを舞台にした1952年のアカデミー作品賞作品。スケールの大きな娯楽映画なんで一度は見てほしいです。「サーカスの世界」はジョン・ウエイン映画。日本では「恋の空中ブランコ」なんてマニアックなのもあった(笑)「翔べイカロスの翼」は、日本のサーカスに実在していて公演中に事故死した若きピエロを描いた青春映画。主演はさだまさし!この映画、高松市内の繁華街でもロケされています。DVDあるかな〜?(帰来)
posted by 勝手にシネマニア at 09:44 | Comment(0) | お楽しみはこれもだ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする